toggle
2017-07-10

20代女性 会社員 右首の違和感と凝り

症状

仕事で毎日パソコンに向かっているので以前から慢性的な肩こりや疲労感があった。1カ月前から右首の付け根が辛く、いつも触ってしまう程の違和感が出てきた。凝っている感じがするが押すと痛い。辛くてマッサージに行ったがすぐに戻ってしまう。また、眼が疲れると頭痛にも発展する。骨の歪みがあるのかと思いカイロプラクティックを受診した

 

検査

座位の姿勢では肩(特に右)が挙上しており、検査時もなかなか本人意識してもリラックスすること(力の抜き方)が難しい。肩挙上筋の緊張が強い。頚部の動きは伸展にて首のつまり感を感じ、伸展と左回旋の可動域も制限されている。立位の姿勢では、頭部が前方にシフトしている。胸椎の伸展の動きも低下しており、頸椎から胸椎にかけての移行部に圧痛がある。大胸筋の緊張も強く、肩が内に入り込んでいる。後頭下筋や側頭筋の緊張も強い。

施術

頸椎の伸展の動きを付けて、上部と下部頸椎ともに圧痛と制限がある部位に対して矯正を行った。後頭骨と頸椎を結ぶ筋肉に対してストレッチを行い、側頭筋を緩めた。硬くなった大胸筋ストレッチを行い、肩を正常な位置へ戻した状態で肩甲上腕関節の動きを整えた。

結果

本人が感じている右首付け根の違和感は、下部頸椎のズレでした。慢性的な肩こりによって右肩の挙上する筋肉に持続的な負担をかけたため下部頸椎のズレ(本人の最も気になる部分)が生じていた。初回の頸椎の矯正によってスッキリとつまりが取れたと感じていたが、施術1日で違和感が戻ってしまった。その後、3~4日おきに3回の施術を行い、右首の付け根の違和感はなくなった。その後、少しづつ間隔を空けて現在は月一回のメンテナンスに移行しているが再発はしていない。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA