toggle
2017-06-20

40代男性:5年前からの後頭部のつまり感

症状

長年デスクワークのため慢性的な肩こりであったが、5年前から首の付け根あたり(特に右)に違和感が出てきた。いつも気になって癖で首を触っていたが、次第に悪化して鉛が入っているような辛さがあった。マッサージに行っても直後は少し楽だがすぐに戻ってしまっていた。何をしていても違和感が取れないので、初めてカイロプラクティックへ来院した。

検査

座位の姿勢で、猫背が顕著であり、首は前方にシフトしていた。肩の挙上筋である僧帽筋(上部)や肩甲挙筋が過度に緊張し、本人リラックスしている状態でも肩を挙上させてしまっている。上部頸椎に圧痛があり(いつも本人が触ってしまう部位)頚部回旋や伸展の動きに制限がある。後頭部と頸椎を繋ぐ筋肉も過度に緊張して圧痛がある。肩が内に入り込み、肩甲骨や肩関節の動きも低下していた。

施術

まずは猫背姿勢で柔軟性のなくなった胸椎の動きを付けて、過度に緊張した胸筋をストレッチしながら肩甲上腕関節(肩甲骨や肩関節)の動きを付けた。これだけでも、姿勢が正しやすくなったという実感があり、首の付け根の違和感が軽減した。

本人の訴える症状は上部頸椎の動きの悪さであり、頸椎の矯正を行った。また、過度に緊張した後頭部と頸椎を繋ぐ筋肉を緩めストレッチを行った。これによって、首の回旋や伸展の動きが改善され、本人の訴えるつまり感がほぼなくなった。

施術効果と姿勢を維持するため、胸椎の伸展の動きや胸筋のストレッチを行い、後頚部の筋肉をストレッチするためにボールを使ったエクササイズを指導した。

結果

初回は症状が2~3日で戻ってしまったとのこと。週1回の施術を3回行い、症状が戻らなくなってから2週に1回の施術を3回行った。この時点で以前の症状は感じていない。現在は月1回のメンテナンスとして通院している。

本人の訴える後頚部のつまり感とは頸椎の動きの悪さが原因でしたが、そのきっかけは長年の肩こりによる姿勢の悪さにあったようでした。この方の場合、運動する時間がなく、日々の生活が悪化している状態に気づきにくい生活習慣でした。よって、簡単な自分の身体をチェックする意味でのエクササイズ指導を毎回行っています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA